« カフェランチ | トップページ | 本日の晩ご飯メニュー »

路地裏に広がる世界

名古屋に来て初めて覚王山にあそびに行ってきましたhappy01

覚王山といえば、私にとっては学生時代に実習で大学病院に行っただけの未開拓地shine

おいしいスイーツ屋さんがあるっていう情報しか聞いたことがなかったので、どんな街なのか…仕事仲間に連れられて足を踏み入れてきましたshine


Photo

オシャレな手書きのマップhappy02

お店の前に立ててあって、TAKE FREEになってます。

だいたいどこの店先にもあったような。




覚王山駅を出て日泰寺までの道に、おしゃれな雑貨屋さん、カフェ、紅茶専門店、炭屋さん…などなど…

たくさんのお店がありましたshine



あっちこっちと気になるお店をふらふらしているうちに、路地裏に入ってく人影発見eye

あんな道通ってどこへ帰るんだろうかと思ってたのですが、よく見ると古本カフェの看板。


古本カフェ…

ちょっと興味をそそられ、私たちも入ってみる。


「耳をすませば」の1シーンに、主人公がねこを追いかけて路地裏に入り込んでしまった先に不思議な雑貨屋さんを見つけるという場面がありますよねcatshine

本当にあんな感じ。わくわくしてshine

追いかけるのは猫じゃないけど(笑)


入り込んだ先は古いアパートの敷地内で明らかに人んちの裏という感じ。

その古いアパートを、外観はそのままに作家さんやアーティストさんたちがそれぞれのギャラリー、アトリエのようにして公開してる感じでしたshine


Photo_2

覚王山アパートというところ。


看板で見たのは、ソボクロというお店だったようcafe



アパート内で長い時間を過ごして、作品や展示品、商品を眺めながら感動confidentshine

アパートの外に出たときはちょっとだけ浦島太郎の気分でした(笑)

一見、街に溶け込んでるアパートの中は、違った世界が広がってたんだconfident

私自身もいろいろ作りすぎるので、日頃から「アトリエがほしい!!」と夢を言ってる私には新しい発見だらけshine


まだまだ見たいところはあったものの2人ともすっかり満喫して、シメ(?)に昔ながらのみたらし団子を食べて、午後の仕事に向かったのでしたshine


毎月21日には縁日屋台が出るとの情報もゲットしたので、2人してまた行くつもりです(笑)

|

« カフェランチ | トップページ | 本日の晩ご飯メニュー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054717/28628401

この記事へのトラックバック一覧です: 路地裏に広がる世界:

« カフェランチ | トップページ | 本日の晩ご飯メニュー »