旅行・地域

路地裏に広がる世界

名古屋に来て初めて覚王山にあそびに行ってきましたhappy01

覚王山といえば、私にとっては学生時代に実習で大学病院に行っただけの未開拓地shine

おいしいスイーツ屋さんがあるっていう情報しか聞いたことがなかったので、どんな街なのか…仕事仲間に連れられて足を踏み入れてきましたshine


Photo

オシャレな手書きのマップhappy02

お店の前に立ててあって、TAKE FREEになってます。

だいたいどこの店先にもあったような。




覚王山駅を出て日泰寺までの道に、おしゃれな雑貨屋さん、カフェ、紅茶専門店、炭屋さん…などなど…

たくさんのお店がありましたshine



あっちこっちと気になるお店をふらふらしているうちに、路地裏に入ってく人影発見eye

あんな道通ってどこへ帰るんだろうかと思ってたのですが、よく見ると古本カフェの看板。


古本カフェ…

ちょっと興味をそそられ、私たちも入ってみる。


「耳をすませば」の1シーンに、主人公がねこを追いかけて路地裏に入り込んでしまった先に不思議な雑貨屋さんを見つけるという場面がありますよねcatshine

本当にあんな感じ。わくわくしてshine

追いかけるのは猫じゃないけど(笑)


入り込んだ先は古いアパートの敷地内で明らかに人んちの裏という感じ。

その古いアパートを、外観はそのままに作家さんやアーティストさんたちがそれぞれのギャラリー、アトリエのようにして公開してる感じでしたshine


Photo_2

覚王山アパートというところ。


看板で見たのは、ソボクロというお店だったようcafe



アパート内で長い時間を過ごして、作品や展示品、商品を眺めながら感動confidentshine

アパートの外に出たときはちょっとだけ浦島太郎の気分でした(笑)

一見、街に溶け込んでるアパートの中は、違った世界が広がってたんだconfident

私自身もいろいろ作りすぎるので、日頃から「アトリエがほしい!!」と夢を言ってる私には新しい発見だらけshine


まだまだ見たいところはあったものの2人ともすっかり満喫して、シメ(?)に昔ながらのみたらし団子を食べて、午後の仕事に向かったのでしたshine


毎月21日には縁日屋台が出るとの情報もゲットしたので、2人してまた行くつもりです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェランチ

あいかわらず、花粉がすごかった気がする~wobbly

外にいる間はなんともないけど、屋内に入って落ち着くと花粉症の症状が止まらないsweat01


今日は久しぶりにプライベートで会った高校からの友人とカフェランチしに行ってきましたcafe

名鉄神宮前駅からほど近く、意識してなければ通り過ぎてしまいそうなところにそのカフェはありますshine

オーナーさんが旅好きということでのコンセプトで、旅先で食べた食事がメニューになっているのだそうshine


今回、私と友人それぞれがオーダーしたメニューは…

Photo










ロコモコ丼。

Photo_3










豚の角煮丼。



デザートは…


Photo_4










コーヒー。


Photo_5










パフェ。




店内の雰囲気はテーブルごとにそれぞれの国のテーマがあって、置いてある雑貨やテーブルもオシャレで、なんだかわくわくするようなカフェでしたshine


カフェ巡りがクセになってしまいそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物と、自然と。

今日はお友達と行ってきました、東山動物園pig

曇るかな?と思った天気も、良すぎるくらい晴れてくれて、うれしいっヾ(*´∀`*)ノsun



実は東山動物園、今日が2回目です、たぶん。


けど、前回が4、5年位前の話なのでほとんど記憶になくて、初めて来たような感覚でしたshine


入園料500円とお手頃なのですが、楽しめるところはたくさんあって大満足ですhappy01note



入ってすぐに目に飛び込んできたのは大きなゾウさん。


テレビやなんかで枠におさまった動物しか、しばらく見ていなかったので最初に目の前に現れた大きな動物に驚くばかりでしたshine


デジカメ片手にシャッターチャンスを狙ってみるものの、ほとんどの動物が眠っていたために、あまり撮れず…weepsweat01


それでも、背中がかわいく見えた動物もいたので、撮ってきた写真を一部載せますねshine



Photo












ライオンの運動場内にいた女の子のライオンの様子。

顔を見せてほしくてしばらく粘りましたが、これが限界sweat02

大きい肉球も披露してくれました。


Photo_2












この子はシャッター切り終えるまでじっとこちらを向いていてくれましたcamera

おやじっぽい座り方がなんともいえないかわいさlovely

ばっちり目線をいただいたお気に入りの1枚ですheart02


Photo_3












バードホールにいたリスさん。

このへばりつき具合い、どうですかっ(≧ω≦)heart04

あんまりにもかわいすぎて、その場からしばらく動けなかったですよっup

日光浴中だったみたいsun



バードホールでは、いろんな種類の小鳥たちもいてそのなかにはスズメも…chick

街中じゃみることのできない、水浴びのかわいらしいすがたとか…貴重shine



厳選するとこれくらいです(笑)



園内にはバラ園もあって、今年見逃したバラもたくさんみることができたし、植物園のほうでは場所によっては森林浴のようなものが体感できたり…


かなり自然を満喫しましたshine


白川郷の合掌造りの家があったのには驚き反面、興味津々…



とにかくいろんなものを感じて帰ってくることができたので、ずいぶん安らげましたconfidentshine



今日はたくさん歩いたので、よく眠れそうですmoon3shine



★今日もあいさつ代わりによろしくおねがいします(。・ω・)ノ゙ ★

ブログランキング・にほんブログ村へ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

季節。

もうすぐお祭りの季節ですね~note


名古屋では今月、すでに熱田祭りが開催されましたね。


お祭りといえば、花火sun


大きな花火を見るのも感動的でいいshine


私個人的には線香花火も大好きでしてshine



とある雑誌をなにげなく見ていたときに、
大江戸牡丹という線香花火の記事を見つけましたflair



世間にはたくさん出回ってる線香花火ですが、そのほとんどは中国製のものが多く、純国産の線香花火はかなり希少なんだそうです。

やはり、その分中国産のものよりはるかに高額なようです。



そして、その大江戸牡丹も純国産の線香花火のひとつ。



世の中から消えかけた、純国産の線香花火を復活させるべく、
線香花火を愛する人たちが協力して、
何年もかけて研究に研究を重ねて
職人さんの手で、1つずつ丹念に作り上げられたそうですshine



では、中国産と純国産の線香花火は何が違うのか??


気になるところですねflair


安い中国産の線香花火では、火花が出て、玉になって落ちる、
というのが一般的かと思うんですが (これもまたきれいなんですけどね☆)


大江戸牡丹では、「牡丹」→「松葉」→「柳」→「ちり菊」と
4つの花にたとえられた火花に姿にかえながら、
最後には振り絞るように散るという変化を楽しませてくれるのだそうですshine



そんな、線香花火のいろいろを知ってみて、お祭りや花火大会のシメには
線香花火を楽しむのも味があっていいなぁ~と改めて思いますnote



そして、この線香花火は愛知県の三河地方で作られているんだそうですよflair


三河は花火の歴史が古いんですねconfidentshine



大江戸牡丹が気になる方はこちら☆




★こちらも挨拶代わりによろしくです★

ブログランキング・にほんブログ村へ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)